画像に×が出る場合は、ページをリロードしてください。
   

画素神話を崩せ・・・

左写真は最近、SHARP から出た携帯電話で、各携帯電話会社すべてに対応したモデルだ。カメラ部分に大変力が入っているらしくて、800万画素というのがウリのようだ。

800万画素ということで驚いていちゃいけない。SAMSUNG からは1000万画素のカメラ付き携帯電話すら出ている。

仮に 300万画素と 1000万画素のカメラが並んでいたら、当然後者に手が伸びるであろう。消費者の意識は、「画素数が大きい」=「綺麗な写真が撮れる」なのだから、メーカーとしては当然、画素数を増やす戦略に出ることになる。

もちろんこの流れは、本家のデジタルカメラがここ数年歩んできた道でもある。この頃は2万円を切るようなカメラにも 10M ピクセルの文字が躍る。

画素数が多ければ、それだけ多くの情報が記録できるのだが、問題は、その画素数を活かし切るだけの光学系(レンズとかピント合わせの機構)、電子回路系の技術が確保できるのかということである。

一番わかりやすいのは、CCD なり C-MOS の受光素子のサイズの問題だ。受光素子の面積が小さければ、それだけ小さな"網膜"に、恐ろしく緻密な画像をフォーカスさせる必要がある。レンズの性能やピント合わせの精度が、如実に画質に影響を与えてしまう。余裕がないのだ。私の感覚では、1000万画素が活きてくるのは、フォー・サーズサイズ以上の受光素子と、きちんと設計された光学系パーツの組み合わせにおいてであり、携帯の800万〜1000万画素は、その意味で最初からアウトである。

1000万画素といえば、ピクセルで言えば3600×2700程度になるけれど、パソコン画面上に「実寸」で表示させれば、画面の面積の10倍程度(画面に映り込むサイズは1/10程度)ということになる。メールで、このサイズの画像を添付送信してこられる方があって、時に苦笑したりすることもある。パソコン画面で表示させることを想定する場合は200万画素でも、たっぷりおつりがくるぐらいの計算になる。(1600×1200 ピクセル相当)

A4サイズ以上の印刷を想定する場合はもちろんメリットもあるけれど、携帯電話のカメラで撮った画像をそんな目的で使う人がどのぐらいあるだろうか?多くはちょっとした記念撮影、スナップショット、あるいはメモ代わりの撮影だろう。携帯電話の場合はむしろ、レンズカバー面の汚れや、撮影時の手ブレなどに気をつかうべきだと思う。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー

表示中の記事

 

 

Back Home